PICAリゾートキャンプ場おすすめランキング!【実際に行った中から順位付け】

PICAリゾートキャンプ場

こんにちは!camp-n13です。

高規格なキャンプ場として知られているPICAリゾートのキャンプ場

PICAリゾートは、関東周辺に、全10ヶ所のキャンプ場を有しています。

これまで、我が家は、PICAリゾート全10ヶ所のキャンプ場のうち、6つのキャンプ場でキャンプをしてきました。

今回は、実際にキャンプをした6つのキャンプ場の中から、おすすめ順のランキングをつけてみました!

PICAリゾートのキャンプ場を検討されている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

PICAリゾートキャンプ場おすすめランキング!

PICAキャンプ場は、全部で10の施設があります。

今回、ランキングの対象は、我が家が泊まったことのある以下6つのキャンプ場です。

 

  1. PICAさがみ湖
  2. PICA初島
  3. PICAぐりんぱ
  4. PICA富士西湖
  5. PICA Fujiyama
  6. PICA八ヶ岳明野

おすすめランキングの評価項目

下記3点で評価しました!

  1. 価格 : 価格が安い→5点
  2. 景観 : 景観が良い→5点
  3. 子どもの遊び場 : 子どもの遊び場が豊富→5点

かなり主観も入っていますが、実際に泊まった経験を元におすすめ順をご紹介しますね!

おすすめランキング1位 PICAさがみ湖

出典:PICAさがみ湖

おすすめの第1位は、PICAさがみ湖です!

PICAさがみ湖は、PICAリゾートで唯一の神奈川県に位置し、「さがみ湖プレジャーフォレスト」という遊園地が隣接しているキャンプ場。

こちらは温泉も隣接しており、施設内ですべてがまかなえてしまうんですね。そして価格もリーズナブル!

我が家が宿泊したテントサイトと料金がこちら。

セットアップテントサイト

32,800円 (大人2名と子ども1名分、1泊2食付き、遊園地パック)※GW

繁忙期のGWに、2日分の遊園地入園料と、1日分の遊園地フリーパスがついてコレは安い!!と思いましたが、いかがでしょう?

評価結果がこちら

  • コスト    :★★★★☆
  • 景観     :★★★☆☆
  • 子どもの遊び場:★★★★★
  • Total      12点

おすすめランキング2位 PICAぐりんぱ

出典:PICAぐりんぱ

おすすめランキング第2位は、PICAぐりんぱ

PICAぐりんぱは、静岡県に位置し、遊園地ぐりんぱに併設されているキャンプ場です。

我が家が宿泊したテントサイトと料金がこちら。

セットアップテントサイト焚火

25,300円(大人2名、子ども1名分、素泊まり) ※祝日

素泊まり料金で2.5万円は、結構割高ですね。

さきほどの、PICAさがみ湖と比べ、隣接する遊園地「ぐりんぱ」の入園料やフリーパスは別途購入が必要です。

評価結果がこちら

  • コスト    :★★☆☆☆
  • 景観     :★★★★☆
  • 子どもの遊び場:★★★★★
  • Total      11点

おすすめランキング3位 PICA八ヶ岳明野

おすすめランキング第3位は、PICA八ヶ岳明野です。

山梨県に位置する「PICA八ヶ岳明野」は、標高1,000mに位置するため、暑い時期におすすめのキャンプ場です。

評価結果がこちら。

  • コスト    :★★★☆☆
  • 景観     :★★★★☆
  • 子どもの遊び場:★★★☆☆
  • Total      10点

場内の芝生はとてもキレイに整備されており、場内には小川が流れています。

子どもは、テント設営中、その小川で楽しそうに遊んでいました。

直前でも予約がとりやすかったので、キャンプ難民になってしまったときは頼りになるキャンプ場です!

おすすめランキング4位 PICA初島

出典:PICA初島

続いて、おすすめランキング第4位は、PICA初島です。

PICA初島は、静岡県の離島「初島」に位置しており、熱海港からフェリーでのアクセスとなります。

我が家が宿泊した宿泊サイトと料金がこちら。

アジアンリゾートヴィラ(リビングテラス)

39,425円(大人2名、子ども1名分、1泊2食付き) ※平日

我が家は、PICA初島へは平日に行ったため、1人1万円程度で宿泊できましたが、休日や繁忙期の料金は1人2万5千円以上することも。。

行くなら「料金」と「予約のとりやすさ」から平日がおすすめですね。

PICA初島の評価結果がこちら。

  • コスト    :★☆☆☆☆
  • 景観     :★★★★★
  • 子どもの遊び場:★★★☆☆
  • Total      9点

コストは、宿泊施設が高いことに加え、PICA初島へ行くための往復のフェリー代が往復で、1人2600円程度するため、厳しめの評価です。

景観は、まるで南国にきたような気分にさせられます。ヤシの木やキレイに整備された芝生がある「アジアンガーデン」という庭があり、他のキャンプ場では味わえない異次元空間(笑)ですね。

子どもの遊び場としては、2種類程度の施設があるのみで、案外少ないんですよね。半日くらいは遊べるイメージです。

おすすめランキング5位 PICA西湖&PICA Fujiyama 

最後に、「PICA西湖」と「PICA Fujiyama」が同率5位です。

PICA富士西湖

出典:PICA富士西湖

PICA富士西湖は、山梨県の位置し、富士五湖の一つ西湖の湖畔にあるキャンプ場です。

湖畔ですが、湖が見えるサイトは施設の一部サイトのみですので注意が必要ですね。

テントサイト電源付(A)レイクビューサイト

10,200円(大人2名、子ども1名分、素泊まり) ※休日

我が家は、PICA富士西湖では、テントサイト(常設ではなく、持ち込み)に泊まったため、これまでご紹介したPICAの宿泊施設と比べると、料金は安めです。

ただし、PICAリゾート意外のテントサイトが高くても7,000円程度であることを考えると、希少性のあるレイクビューサイトとはいえ、少し割高ですね。

評価結果がこちら。

  • コスト    :★★☆☆☆
  • 景観     :★★☆☆☆
  • 子どもの遊び場:★★★☆☆
  • Total      7点

景観の評価が低めなのは、湖の目の前にキャンプサイトが位置していないからです。

我が家の宿泊したのは「レイクビューサイト」ですが、遠目に湖が見えた程度でした。。もちろん、歩いていけば、湖の景色が抜けたポイントまですぐにいけるんですが、サイトでイスに座ってゆっくりしながら湖を眺めたいですよね。

子どもの遊び場としては、場内に「ニジマスの釣り堀」がありますよ。

PICA Fujiyama

PICA Fujiyama アメージングドーム
出典:PICA Fujiyama

PICAFujiyamaは、山梨県の河口湖に近い場所に位置しています。

PICAグループの中では比較的新しいキャンプ場で、宿泊施設がキレイですね。

我が家が宿泊したサイトと料金がこちら。

トレーラーコテージ

23,376円(大人2名、子ども1名分、素泊まり) ※平日

PICAFujiyamaは、基本はグランピング施設であるため、料金は割高です。

評価結果がこちら。

  • コスト    :★★☆☆☆
  • 景観     :★★★★☆
  • 子どもの遊び場:★☆☆☆☆
  • Total      7点

景観としては、曇っていなければ、富士山を間近にのぞむことができるため、評価は高いです。場内も芝生や植栽が整備されており、キレイです。

場内には、子どもの遊び場がないため、きびしめの評価です。車ですぐそばには、「すばるランド」という遊園地のような施設があるため、場内からでれば子どもの遊び場の確保は可能ですよ。

さいごに

PICAグループのキャンプ場について、我が家のおすすめランキングをご紹介しました。

我が家は、子どもがまだ小さいこともあり、かなり「子どもの遊び場」の項目に引っ張られてランキングが決定してしまった感がありますね〜。

とはいえ、小さいお子さんがいるご家庭には、多少参考になるかなと思います。

PICAリゾートのキャンプ施設は、どこも高規格なキャンプ場ですので、小さい子どもがいても安心なのが嬉しいポイントですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

PICAリゾートのグランピング施設は、Go to キャンペーンの対象です!

▼PICAグランピング施設のプランは、楽天にもありました▼

楽天カードのポイントを貯めている方は、公式ホームページからの予約よりもお得!

▼その他、関東から行けるキャンプ場です▼