【これぞグランピング!】PICA Fujiyamaのアメージングドームを徹底レビュー!

pica-fujiyama-アメージングドームを徹底レビュー

こんにちは!camp-n13です。

PICA Fujiyamaのアメージングドームってどんな宿泊施設なの?

そんな疑問を解消します。

2021年秋に、我が家は「PICA Fujiyama」のアメージングドームに宿泊していきました!

2年前からアメージングドームに泊まってみたいなとは思いつつ、予約がとれなかったことと、宿泊料金の高さにひるんで、行けてなかったんですよね。

今回、そんなアメージングドームに家族で宿泊してきましたので、アメージングドームの室内や、宿泊プラン内容のレビューをしていきたいと思います!

「PICA Fujiyamaのアメージングドームに泊まってみたいな」と思っている方の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

PICA Fujiyama アメージングドームをレビュー!

PICA Fujiyamaといえば、ひと際目をひくアメージングドームが有名です。

PICA Fujiyamaには、テントサイトがあるものの、コテージやトレーラーハウス、今回ご紹介するアメージングドームと、グランピング施設が充実しているのが特徴。

今回、我が家が宿泊したアメージングドームの入り口がこちら。

アメージングドームの内部は?

鍵を開けて中に入ると、こちらの感じです。オシャレな内装。

カーテンを開けると、この解放感!!

カーテンを全開にすると、このように、外からも丸見えですw

アメージングドーム内は、冷暖房設備が充実。暑い日や寒い日も快適に過ごせそうです。

扇風機も常備されています。

就寝時はというと、ベットで寝ることもできますし、床で寝るようのマットや布団も用意されています。

ベッドの枕のあたりにコンセントが準備されているのは、地味にありがたいレイアウトw

付属品

アメニティドームの宿泊プランには、キャンプに必要な付属品が全て付いています。

我が家は、何の道具があるか、把握しきれていなかったため、家からアウトドアチェアやランタンを持っていきました。

しかし、全てそろっているため、家からキャンプ道具を持ち込む必要はなかったですね。

ランタンはLOGOS製。

冷蔵庫があるので、ビールなど飲み物を冷やしておけます。冷蔵庫上には、電気ケトルも。

ユニフレームの人気アイテム「焚き火テーブル」は、2台準備されています。

また、子どもが遊べて、よかったアイテムは「ハンモック」

こちらのハンモックは、室内でも使用できるのに加え、外でも使えます。

その他、タオル、歯ブラシ、ティッシュ、ゴミ箱等、備品も完備されていますので至れりつくせりです。

双眼鏡がレンタルできます

アメージングドームに宿泊する方は、こちらの双眼鏡をレンタルすることができます。

一応、数に限りがあるようなので、早めにチェックインして、その時に借りておくのが確実です。

とはいえ、月を見るために使うとういう説明があり、ただの星を見るのには適していなかったのか、星空はよく見えなかったです。(ひょっとして、僕の使い方がわるかったのかもしれせんがw)

アメニティドームの食事

アメニティドームの宿泊プランは、「朝食」と「夕食」がついています。

コロナ過の2021年は、ゲストハウスに食材を取りに行き、アメニティードームで食べるセルフスタイル。

通常は、ゲストハウスに併設されたレストランで食事するスタイルですが、2021年9月現在は、レストランが閉まっています。

夕食

こちらのような、食材の入ったバスケットをゲストハウスへ取りに行きます。

夕食は、下記メニューでした!

  • サラダ
  • アヒージョ
  • 骨付きソーセージ
  • 野菜の串焼き
  • 牛もも肉のステーキ
  • バケット

アメージングドーム前に設置されている、コンロを使って調理をします。

暗くてあまりいい写真がとれなかったんですが、こちらがアヒージョ。大きなエビが入っており、とても美味しくいただきました。

全部食べると、かなりお腹いっぱいになるメニューなので、追加の買い出しは不要かと。

僕自身、最後にとっておいたバケット(パン)にたどり着く前に、お腹いっぱいになってしまいましたw

炭の火おこしにはチャコスタを利用

炭の火おこしに便利な「チャコスタ」が付属しています。

我が家では、チャコスタを始めて使いました。

チャコスタの使い方はとても簡単。

チャコスタの下に着火剤を用意し、着火剤に点火。

そして、チャコスタ内に炭を入れて、20~30分放置しておくと炭に火が付きます!!

炭の火おこしがこんなにラクだとは。。。

あまりのラクさに衝撃を受けて、自分でもチャコスタが欲しくなりましたw

朝食

こちらが朝食。

基本、火を使わなくていい調理済みの食材となっていますので、すぐに食べられます。

水筒に入っているのは、コーンスープでした!コーヒーもついていましたね。

デザートのゼリー、牛乳、ベーグルまたはホットサンド(選択制)がついており、夕食と同様に十分お腹いっぱいになるメニューです。

アメニティドームの宿泊料金

ちょうど、我が家が予約したのは、キャンプのハイシーズンである秋の土曜日。

料金区分としては、2番目に高い「F料金区分」でした。

料金は、大人2人、子ども1人で、59,850円!!

  • 大人一人:21,000円
  • 子ども一人(4歳から小学生まで):17,850円

*4歳から小学生までは、大人料金から15%引きの価格です。

金額は、ちょっと引くほど高いんですが、アメージングドーム内は、とても素晴らしい空間でしたので、僕としては満足のいくキャンプであり、良い体験になりましたね。

子どもが3歳以下ですと、宿泊料金が無料なので、子どもが小さいうちにアメージングドームへ泊るのがおすすめですね~。

お風呂

アメージングドームには、当然ですが、シャワーやお風呂はありません。

そのため、ゲストハウスにある無料のシャワールームを使うことになります。

このシャワールームなんですが、そこらへんのキャンプ場にありがちなシャワールームとは一味違います。

シャンプー、リンス、ボディソープとアメニティが付属しており、シャワールームは広々。とてもキレイな空間なんですよ。

足ふきマットも用意されています。

ドライヤーも完備されているため、シャワー室も至れり尽くせり。

タオルは、アメージングドーム内に準備されているものを持っていく必要があるので、忘れずに。

想像以上に快適なシャワーでした!

お金を払えば、ドラム缶風呂あります

5,000円の料金を払えば、ドラム缶風呂や、サウナ室を利用することができます。

ドラム缶風呂は、一度は入ってみたい憧れですが、5,000円はな…という価格設定。

我が家は子どもも入れないため、体験せず。

こちらが、ドラム缶風呂。水着を着用して入浴する必要ありです。

こちらがサウナ室。PICAの施設全般に言えることですが、雰囲気がいちいちオシャレですw

グルキャンされる方は、話のネタになるため、良い体験ができる施設かなと。

さいごに

PICA Fujiyamaの「アメージングドーム」について、体験レビューをまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

一言でまとめると、「宿泊料金は高いけど、一度体験してみる価値がある施設」だと思います!

特に、晴れた日は富士山が見えて、アメージングドームが設置されている周囲の芝生が気持ちよく、オススメです。

気になっている方は、ぜひアメージングドームの空間を体験してみてくださいね!

以上、PICA Fujiyama「アメージングドーム」のレビューでした!

▼PICAのキャンプ場のランキング記事も合わせてどうぞ▼