PICA 富士ぐりんぱ 予約のコツとファミリーキャンプとしてのおすすめ度は?

こんにちは!camp-n13です。

我が家が2018年9月8日に行った、PICA富士ぐりんぱ(旧:キャンピカ富士ぐりんぱ)についてレビューしたいと思います。

隣に遊園地があるキャンプ場です。

PICA富士ぐりんぱってどんなキャンプ場なんだろう?

 

予約のコツやファミリーにおすすめかが知りたい

といった疑問に答える記事です。

camp-n13
camp-n13

車未所有のマンション住まいです。

 

年に10回ほど、レンタカーとカーシェアでキャンプに出かけています。

スポンサーリンク

PICA 富士ぐりんぱ 予約のコツとファミリーキャンプとしてのおすすめ度は?

出典:PICA富士ぐりんぱ

先に結論です。

PICA富士ぐりんぱの「キャンプサイト」の予約難易度は、低いです。

ファミリーへのおすすめ度としては、キャンプ場の隣にかなり大きい遊園地があるので、子供の満足度は高くおすすめです。

まず、予約難易度について。

2ヶ月前に予約すれば、土日でも空きがある状況ですね。

私は、今回すでにテントが設営されており、バーベキューコンロで夕食を作って、テントで寝るだけという、いたれりつくせりの「セットアップテントサイト」を予約しました。

「セットアップテントサイト」は数が少ないのでキャンセル待ちに登録して、キャンセルがでたらすぐに予約サイトへ!という方法で無事予約できました。

自分でテントを設営する「フリーサイト」は、2ヶ月前に予約をすれば、キャンセル待ちをせずとも予約できると思いますよ!

出典:PICA富士ぐりんぱ

ファミリーキャンプとしてのおすすめ度は、手ぶらでOKなプランが充実しており、子供が遊べる遊園地の入場料がついたプランとなっていて、子供が1日中遊ぶ場所があるということでかなりおすすめの場所です。

ただ、結構、遊園地の場内が広いため、予定の詰め込みで疲れてしまわないように注意が必要です。

富士山も天気がよければ非常にキレイに見えます。

出典:PICA富士ぐりんぱ

私は、天候のせいで苦い思い出しかないですが、詳細は後ほど。「天候が良ければ」ファミリーにおすすめのキャンプ場だと思います。

PICA 富士ぐりんぱへのアクセス

基本、車でしか行けないような山の上にあります。標高は1200mの山頂に位置しています。

山の天気のため、あまり天気予報もあてにならず、天候が変わりやすいです。

静岡の裾野ICのほうから行く場合は、有料道路にのってしまえばスムーズに現地に到着できます。

PICA 富士ぐりんぱの宿泊プラン

出典:PICA富士ぐりんぱ

セットアップテントサイト焚火というプランで宿泊しました。常設されているテントはコールマンのタフドーム3025です。

私はこの当時、マイテントを持っていませんでしたが、タフドームの室内広さと雨・風を防ぐ丈夫さに感動し、タフドームを後日購入しました!

グランドシートとインナーシートとテントの3点がセットになったスターターセットが安かった、Amazonで購入しました。 

テントのスターターセットはこちら

セットアップテントサイトのプランですが、基本は食事、飲み物をのぞけば手ぶらでOKです。

料金は大人2人、幼児1人で宿泊代 25300円でした。

この料金に朝食と夕食は含まれていないので別途食事代が必要となります。ぐりんぱの入園料(大人1300円、子供850円)はこの中に含まれています。

ホームページには、1人7500円〜となっており、繁忙期に合わせて細かく料金区分が分かれています。

注意しなければならない点は、子供も3歳から大人と同料金ということです。これは、かなり痛い。。

料金は、PICA さがみ湖と比べてしまうと割高に感じます。

セットアップテントで自分で設営する手間はないとはいえ、普通のホテルの素泊まりより気持ち高いという料金設定です。

人気のPICAグループのサイトということで少しコスパは悪いですね。

子供が3歳の誕生日を迎える前にPICAグループのキャンプ場へいくと、安くファミリーキャンプができるのでおすすめですね。

PICA 富士ぐりんぱでの夕食

食材は途中のスーパーと馬刺し屋さんで買い出ししてから行きました。

薪と炭はPICA富士ぐりんぱの現地で調達できます。我が家もこの時は、途中でホームセンターに寄れなかったため、現地調達しました。

トラブル

我が家が行った日は、もともと天気予報は曇りのち雨とぱっとしない予報でした。

最後まで中止にしようか迷いましたが、「せっかくキャンセル待ちまでして予約とれたから。」との欲がでて、キャンプ初心者ながら強行してしまったのが失敗。

現地に着いてしばらくしたら突然の大雨!

そして強風!

そんな状態が朝までずっと続いていました。

夕食時もテント横に屋根はあるものの、横から強風にあおられた雨が横殴りでふきつけてくるため、ビショビショです。

奥さんと子供はテント内に避難してもらい、自分がコンロで必死に炭おこしと、購入した食材の調理にあけくれていました。

夜中もこの嵐は続き、滝のような雨がテントに当たる「バチバチバチ」という音や、「ゴロゴロゴロ!」という雷音が響き渡っていました。

豪雨の中でも、外では「カンカンカン」とペグを打ち付ける音が聞こえました。おそらくテントが風でダメージを受けたための補強でしょう。

山の天気(ココは標高1200m)は恐ろしい、と自然の怖さを体感した日でした。

入浴施設

出典:PICA富士ぐりんぱ

食事も終わり、雨と風が少しおさまってきたため、少しテント内でゆっくりした後お風呂へ。

PICA 富士ぐりんぱのうりとして、小さな浴槽とシャワーがついた入浴場があります。

別途、男女それぞれ個別のシャワーブースもあります。

キャンプ場で湯船につかれるというのは、やっぱり落ち着つくし癒やされます。

就寝

寝る時はよかったのですが、12時をこえたあたりから雨、風ともに勢いを増し、台風ではないかというほどにテント内に雨風の音が聞こえていました。時折カミナリも。。

奥さんは全然寝付けなかったようです。

また、夜中には自前でテントをセッティングされていた方のペグを打つ音が!!

おそらく、強風でペグがぬけてしまったと思われます。雨の中地獄だなと。。

やはり、天候は大事ですので、初心者の方はご注意を。

遊園地ぐりんぱ

出典:ぐりんぱ

大雨の次の日に向かいました。

この日は幸い雨はあがったものの、どんよりとした曇り空で風も強かったです。

風が強いと、園内の様々な遊具が運転中止になってしますんですよね。。

ということで、子供は室内でぬくぬくと遊びました。室内とはいってもとても広く子供は1日中あそべるようなおもちゃ、ボールプール、おままごとセット、プラレール、、、となんでもあります。

我が家は、ほぼそこで遊びましたね。

まとめ

我が家は天候に恵まれず、キャンプ初心者にして洗礼をあびましたが、天候さえよければ、ファミリーにおすすめのキャンプ場だと思います。

レンタル品も一通り揃っていますしね。そういえば、我が家も、朝ごはんでパンを焼きたくて、ツーバーナーのコンロを管理棟からレンタルしました。

前日の大雨&強風で薪や炭が雨で濡れ、火を着火できなかったんですよね。。火が自力でおこせなかたったため、コンロにお世話になりました。

我が家は、天候が悪かったため、色々トラブルがありましたが、初心者には、おすすめの高規格キャンプ場だと思います!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

▼PICAグループのその他キャンプ場も合わせてどうぞ▼

コメント