【湖畔ビュー!】西湖キャンピングビレッジノーム(GNOME)のキャンプレポ【おすすめサイトやカヤック情報紹介!】

キャンピングビレッジノームのキャンプレポ

こんにちは!camp-n13です。

西湖キャンピングビレッジノームってどんなところ?

そんな疑問を解消する記事です。

7月ともなると、暑いですよね。

平地で30℃を超えると、キャンプは暑くて無理…

ということで、標高が1,000m近くあり、かつ、湖畔に近い涼しそうなキャンプ場「西湖キャンピングビレッジノーム」へキャンプに行ってきました。

湖畔ビューが素晴らしいキャンプ場でしたので、どんなキャンプ場かをレビューしていきますね!

▼標高1,000m以上のキャンプ場はこちらでまとめていますので、合わせてどうぞ▼

スポンサーリンク

キャンピングビレッジノーム(GNOME)の基本情報

基本情報

基本情報がこちら。

所在地山梨県南都留郡富士河口湖町西湖1030
ホームページhttps://www.hamayouresort.com/gnome/
標高900m
チェックイン時間13:00~
チェックアウト時間12:00
予約方法web予約

料金

1サイトの料金がこちら。

1サイト・・・7,150円~

1サイトの区画は広めなので、妥当な料金かな~といった印象です。

「Rゾーン」、「Fゾーン」、「Aゾーン」の各サイトによって、料金が異なります。

サイト料金の詳細は公式ページからチェックしてみてくださいね。

サイトと料金について | hamayouresort
SAIKO GER(YURIKAGO) サイト SAIKO GER(YURIKAGO) 詳細はこちら 特徴 ゲルテント 予約 要事前予約 チェックイン・アウト チェックイン 14:00チェックアウト 11:00 定員 最...

西湖キャンピング・ビレッジノームのおすすめサイトは?

Aゾーン

お勧めサイトは、「湖畔に最も近いサイト」の「A-ZONE」です。

今回、我が家はこちらの湖畔サイト「A14」を利用しました。

Aゾーン

やはり、目前の湖畔ビューは格別です!

ですが、湖畔の最前列は、5サイトしかないので激戦区。

最前列が空いていなかった場合は、湖畔から少し坂を上った木陰のあるサイト(こちらもAゾーンです)もオススメ。

湖畔からちょっと離れるものの、湖畔から一段高い場所に位置するため、湖がキレイに見えるんですね

事前の口コミでは、「Aゾーンは傾斜がキツイ場所があるため、注意!!」とありましたが、我が家は全然傾斜が気にならなかったですw

Rゾーン

次にオススメなのが、「Rゾーン」。

「Aゾーン」は、木陰が少ないため、日差しが強い日はキツイです。

しかし、「Rゾーン」は林間にあるため、日差しを防ぎつつ、林間から西湖が望める雰囲気の良さが魅力。

地面が平らなため、テントも設置しやすいです。

Rゾーン

キャンピングビレッジノームのスタッフの方に、おすすめサイトを聞きいてみました。

小さいお子さんがいるなら、木陰もあるのでこちらの「Rゾーン」や、先ほどご紹介した「Aゾーン」の木陰があるサイトがオススメとのことでした!

西湖キャンピング・ビレッジノームの予約のコツは?

キャンセル待ち狙いがオススメ。

僕は「なっぷ」のサイトで、7月の土曜日すべてで湖畔サイトのキャンセル待ちをしていました。すると、バンバン空きが発生するんですよね。

キャンプ希望日の1週間前になると、空きが発生しやすいので、キャンセル待ちの登録しておくとよいですよ。

良いサイトを確保するコツは?

さらに、当日良いサイトを確保するなら、アーリーチェックインがおすすめ。

なぜなら、キャンピングビレッジノームのサイトは、早いもの順でサイトが選べるからです。

特に、おすすめサイトであげた「湖畔が目の前に位置するサイト」は5サイトしかないので激戦区。

そのため、早く場内に入って場所取りを行う必要があるんですね。

注意点として、アーリーチェックインは、下記のように追加料金がかかります。

  •   3,300円(9:00~)
  •   1,650円(12:00~)

しかし、湖畔前を確実に押さえたい方は、検討の価値ありだと思います。

我が家の場合

我が家は、7月の土曜日、チェックイン開始となる13:00ちょうどに受付をしました。

しかし、5つある「湖が目の前に位置するサイト」のうち、4つはすでにテントが建てられているではありませんか….

おそらく、前泊の方や、アーリーチェックインをされた方が、すでにテントを張られていたんですね。

我が家はラッキーなことに、1つだけ残っていた湖畔サイトをゲットできました!

このように、土日は「湖畔サイト」の確保が大変なため、アーリーチェックインを検討してみることをオススメします。

西湖キャンピング・ビレッジノームの場内レビュー!

それでは、キャンピングビレッジノームの場内を見ていきましょう!

看板がこちら。

これで「ノーム」と読むそうです。

まずは、駐車場に止めて、管理棟でチェックイン!

管理棟

こちらが管理棟

2022年に新設されたばかりのため、とてもキレイでオシャレな建物でした。

トイレ

トイレは、シャワー室とともに、管理棟に併設されています。

新設された設備なので、トイレはホテルのようなキレイさw

キレイなのは嬉しいんですが、トイレに手洗い用のハンドソープがないので、奥さんがちょっとガッカリしていましたw

キャンプサイトの確保

管理棟でチェックインをしたら、場所とりです。

チェックインの際に、すでに埋まってしまったサイトを教えてくれるので、それ以外の場所を選びます。

現地を見に行ってから選択してOKなので、一度サイトを見に行ってみるのがオススメ。

確保したい場所を伝えれば、予約カードをもらえます。

空きサイトは早いもの勝ち。

そのため、同じ時間帯でチェックインしている方が多い場合は、早めに場所を確保しましょう!

湖畔サイトA

管理棟から坂を下って、湖畔サイトへ。

管理棟から湖畔サイトへと続く道が、すでに素晴らしい眺め!

今回、我が家は湖畔前で唯一残っていた「A14」のサイトに決めました!

サイト横にカヤックツアーの出発場所が。

騒がしいのを避けてか、この場所のみ「湖畔前」のサイトが空いていたんですね。

サイト横で行われていたツアー

湖畔前に唯一残ったサイトにするか迷ったんですが、結果、湖の眺めが最高だったため、湖畔サイトを選んで正解でした!

各サイトの区画は、緑色の三角印で区分けされています。案外わかりずらいので、迷ったらテント設営前に、スタッフの方に確認しておきましょう。

区画の目印

僕は、本当に区画がどこまでなのかが分からなくて、何度もスタッフの方に区画の位置を確認してしまいましたw

さっそく、カマボコテント3Mを設営。

「湖+テント」の写真は、写真センスがない僕でさえも、そこそこ映えてそうな出来栄えに仕上がってくれますw

▼カマボコテントをはじめとしたDODの製品は、コスパが良くて万人にオススメなアイテムです▼

また、湖畔サイトの地面は砂利。とんでもなく硬いため、鋳造ペグは必須です。

持っていない方は、ペグダウンに苦労するため、この機に揃えておくのが無難ですよ。

設営が終わったら、しばし休憩。

テントの中からも湖が見えるって、、、ほんと感動ですw

夜は天気が悪かったんですが、西湖の景色をボーっと眺めているだけでも充実した時間を過ごせました。

▼今回のキャンプから投入したスノーピークの「パイルドライバー」。地面が固い砂利でもしっかりと刺さってくれて、使い勝手抜群でした▼

朝のコーヒーも、この景色とともに飲むと格別ですw

場内の設備も観ていきましょう!

炊事場

炊事場には、蛇口がたくさんあるため、並ぶことはないですね。

夏でもお湯のでる蛇口が2か所あります。油汚れを落とすのに重宝するので、僕にとってはうれしいですね。

共用の洗剤やタワシが置いてありました。

シャワー

100円で3分のコインシャワーがあります。

100円硬貨が必要なため、忘れず準備しておく必要ありです。

4か所ほどあるので、混雑はなかったですね。

コインシャワーも2022年に新設された設備のため、キレイでした。

ゴミ捨て場

シャッター内がゴミ捨て場です。

チェックインしたときにもらえるキャンプ場指定のゴミ袋で、ゴミを出すようにしましょう!

場内施設

子どもが遊べるボルダリングウォールがあります。

トイレの目の前にあるため、子どものトイレついでにひと遊びしていけますw

カヤックレンタルについて

西湖にきたら、カヤックをやりたくなりますよねw

我が家は、「PICA富士西湖」でキャンプをしたときに、子どもが小さかったこともあり、カヤックを一度断念してるんですよね….

その時の、子どものギャン泣きが忘れられず、今回は迷わずカヤックツアーに申し込んだのでした。

料金は、1人3300円。

家族で申し込むと結構な出費です。

しかし、貴重な体験には変えられない!と迷わず申し込みましたw

カヤックのレンタルもあります。

しかし、我が家は一度もカヤックをやったことがないため、まずは基本的な漕ぎ方を教えてもらえそうなツアーを申し込んだのでした。

90分のツアーは結構疲れましたねw

カヤックをレンタルした場合も、一通り注意点や漕ぎ方を教えてもらえるため、レンタルもオススメです。

注意点として、ツアーの予約は当日不可。

3日前に予約しておく必要があるため、ツアーを検討されている方は、忘れず予約をしておきましょう!

カヤックを持ち込んでいる方も、チラホラいましたね。

カヤックは、安いものだと1万円~2万円で買えるものもあるようですね。マイカヤックは憧れますw

周辺施設

フォレストモール富士河口湖

買い出しに便利なのが、フォレストモール富士河口湖。

こちらは、生鮮食品を扱うイオン系スーパー「マックスバリュ」に加え、100円均一の「ダイソー」や、キャンプ用品を扱う「スポーツデポ」もあるんですね。

買い出しを一度に済ませることができるため、まずはここに寄れば間違いないですw

いずみの湯

西湖キャンピングビレッジノームから、徒歩数分にある温泉が「いずみの湯」。

ほぼキャンプ場併設といっていい場所にあるため、気軽に温泉へ行けるのがメリットですね。

夜は20時まで。朝は10時から営業しています。

さいごに

「西湖キャンピングビレッジノーム」のキャンプレポをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

なんといっても、「西湖を見渡せる」レイクビューは圧巻でした!

水辺近くで、子どもと遊べるため、暑いシーズンは特におすすめ。

また、管理棟やトイレ、シャワー室が新設されたため、きたないトイレが苦手な方にも満足できるキャンプ場です。

僕的には、また行きたいと思えるキャンプ場でした!

以上、西湖キャンピングビレッジノームのキャンプレポでした!

▲富士五湖のキャンプ場は、こちらオススメです!▼