PICA FUJIYAMA トレーラーコテージ6を写真多めで徹底レビュー!

PICA-Fujiyama

こんにちは!camp-n13です。

PICA Fujiyamaのトレーラーコテージってどんな感じの宿泊施設なのかな?

 

トレーラーコテージにはどんな備品が付いているんだろう?

ということを知りたい方むけの記事です。

2018年7月にオープンした、比較的新しいキャンプ場「PICA Fujiyama」に行ってきました!

PICA Fujiyamaといえば、独特なテント形状のアメージングドームが有名ですね。

出典:PICA Fujiyama

今回は、アメージングドームではなく、PICA Fujiyamaの「トレーラーコテージ」に宿泊してきたため、トレーラーコテージがどんな感じの宿泊施設なのか、写真多めでご紹介しようと思います!

それでは、さっそくレビューです。

スポンサーリンク

PICA FUJIYAMA トレーラーコテージをレビュー!

PICA Fujiyama センターハウス

PICA Fujiyama」は2018年7月にオープンした、比較的新しいキャンプ場。

フロントは、ホテルのような広さで、とてもキャンプ場とは思えません!

キャンプ場と言ってはいけない気がする。この規模とオシャレな感じは。

さて、受付が終わり、

・地図、トレーラーコテージのカギ、ゴミ袋1枚

を渡してもらい、さっそくトレーラーハウスへ。

センターハウスから、車で「トレーラーコテージ」に向かいましたが、徒歩1分もかからない体感距離ですよ。

受付の方には、徒歩3分と言われましたが、絶対にそんなにかからない(笑)

トレーラーコテージ6

今回、我が家が泊まったのが「トレーラーコテージ」の中でも、6人まで泊まれるトレーラーコテージ6です。

外観がこちら。

トレーラーハウスの横に1台車を駐車できます。

植栽が植えられており、建物は2018年に建てられたばかりなので、非常にキレイです。

トレーラーコテージの間取り

部屋の間取り(広さ)は、4人用の「トレーラーコテージ4」と6人用の「トレーラーコテージ6」とも全く同じ。

出典:PIACA Fujiyama

トレーラー内 約17畳(31.42㎡)

ウッドデッキ 約6.4畳(11.7㎡)

「トレーラーコテージ6」と「トレーラーコテージ4」との細かな違いは下記です。

  • 「トレーラーコテージ6」には、コールマンのパイプチェアが2つある。(室内においてありました。屋外のイスと合わせると6脚イスが確保されます)
  • 「トレーラーコテージ6」には、ベッドがない。代わりにウレタンマット5枚あり

宿泊料金は、何人で泊まろうが、「トレーラーコテージ6」のほうが安いです。

例えば、3人で泊まる場合、「トレーラーコテージ6」のほうが、「トレーラーコテージ4」よりも1人あたりの料金が安くなります。

少しでも安く泊まるなら、「トレーラーコテージ6」ですね!

トレーラーコテージの室内の雰囲気

下記写真でご確認ください。公式ホームページにも360°カメラの様子が公開されていますので詳細はそちらも。

トレーラコテージの中にはじめに入ると、まず「木の香り」がふわっと漂よい癒やされます。

木製の家具の中、ナチュラルカラーで統一されており、デザイナーズ物件のような内装です。

トレーラーコテージの付属品

4人用の「トレーラーコテージ4」と6人用の「トレーラーコテージ6」の付属品はほぼ同じです。

付属品がこちら。

付属品について、一言でいうと、「必要なものは全部揃っています」

●屋内

  • 冷暖房
  • トイレ
  • シャワー
  • キッチン(ガスコンロ)
  • 冷凍冷蔵庫
  • シモンズ・ソファーベッド(78×200cm、ベッド時91×200) 1台
  • ウレタンマット(70×188×7.5㎝)5枚
  • 毛布、枕、シーツ、枕カバー 人数分
  • ローテーブル
  • 食器(大皿、小皿、マグカップ、箸、スプーン、フォーク 各人数分)
  • 調理器具(ホーロー鍋、フライパン、ホーローケトル、包丁、まな板、トング、おたま)
  • ダイニングテーブル・ダイニングチェア×4
  • アメニティーセット(フェイスタオル・歯磨きセット)
  • バスタオル
  • シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ
  • スリッパ
  • ドライヤー

●屋外

  • 屋外ダイニングテーブル・ダイニングチェア×4、アウトドアチェア×2
  • 焚き火台
  • Weber BBQガスグリル×1・網×1
  • 照明

以上、「トレーラーコテージ」の付属品でした。

これだけそろっていれば、文句ありません(笑)

追加で必要なのは、パジャマとスマホの充電器くらいかな。

以下、付属品を写真で紹介していきますので、どんな感じのものか確認したい方は、以下も合わせて読んで頂ければ。

トレーラーコテージの付属品を写真で紹介【屋内】

冷暖房設備

冷暖房設備がこちら。エアコンついてます。

エアコンに加え、床暖房ありです!!

我が家は、床暖房有りのトレーラーハウスやコテージに泊まったことなんてなかった(むしろ、ついている施設なんてあるの?)ので、ただただ、すごい!!

なぜか3つも床暖房のスイッチがあります(笑)

どこがどこに対応しているか分からずじまいでしたが、床のエリアが3ブロックに分かれていて、それぞれ床暖房のON/OFFができるようです。

トイレ・シャワー

次に、生活に欠かせないトイレ、シャワーがついています。

トイレ
シャワー

昨今の「コロナ時代」は不特定多数の方が使用する共同のトイレ、シャワーを使用せずに、トレーラーコテージ内ですべて完結できる点がメリットですね!

このシャワーは水圧も高い!!(国内だから当たり前!?かな)

ちなみに、我が家が「トレーラーコテージ」を選んだ理由が、トイレ・シャワーがついているから。

気にしすぎかもしれませんが、家族が「コロナリスク」を気にしていたため、意見を取り入れた結果でした。

キッチン

続いてキッチン。

もはや、普通に家のキッチンですね。コンロは2口で、換気扇もあり。

キッチンボードは「タカラスタンダード製」です。

「タカラスタンダード製」は知っている方は少ないかもしれませんが、新築マンションのモデルルームなんかでも、「タカラスタンダード製」のキッチンボードを見かけます。

設備がキャンプとは思えない(笑

キッチンツール

一緒にキッチンまわりの備品がこちらです。まとめて写真でご紹介。

人数分の、「お皿」「フォーク」「スプーン」「ナイフ」は当然のこと、「鍋」「フライパン」「ポット」「トング」「包丁」「まな板」「ボール」etc…

とにかく、一通り揃ってます!!!

冷蔵庫

食材を保管する冷蔵庫も常設。冷凍庫もあるので、ブロックアイスなどを冷やすのに便利!

アメニティ

シャンプーとコンディショナーとボディソープのセットです。

何度も書いていてくどいですが、ほんと、ホテルですね、コレは。

歯磨きセットはこんな感じです。

ドライヤー

ナノイーがでるパナソニック製のドライヤーが常設されています。

トレーラーコテージの付属品を写真で紹介【屋外】

ダイニングテーブル・ダイニングチェア

地面から少し高い場所に設けられたウッドデッキ上に、テーブルとチェアが備えられています。

天気が良ければ、ここから富士山を眺めることができるんですよ!(トレーラーコテージの位置によっては、見えないポジションもあります。)

BBQガスグリル

ガスタイプのグリルです。

簡単操作で火を点火可能ですよ。若干、火が弱火です。

我が家がキャンプへ行った日は雨で、火が点灯しずらかったため、係の方に直してもらいました。

雨の火は点火スイッチの部分が湿ってしまい、つかなくなることが多いんだとか。点火スイッチを押しても「チチッ」という点火音がしなくなってしまうんですよ。。

係の方にお願いして、点火部分をバーナーで温めてもらうことで、無事点火するようになりました。

焚き火台

焚き火台が備え付けられています。

薪用のトングもありますよ。

子どもも、薪入れのお手伝いができる高さで使いやすかったです。

まとめ

PICA Fujiyamaの「トレーラーコテージ」について、付属設備を写真多めでご紹介してきました。

いや〜、すごかったですね。これぞ、グランピングという感じで、必要なものは全部揃っています。

手ぶらで、手軽に、キレイなキャンプ場でキャンプ体験をしたい方には、ピッタリの施設だと思いますよ。

まずは手ぶらでキャンプ体験をしたい、たまには手ぶらでゆっくりしたいと、いう方にとって興味のある内容(写真)となれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

\他のPICAグループの記事も合わせてどうぞ!/