【コスパ最強】タープおすすめ5選! 【全て2万円以下で買える!】

tarp

こんにちは!camp-n13です。

夏は日差しが強くて暑いよね。

日陰をつくるコスパの良いタープが知りたい!

という方への記事です。

キャンプでは、リビングとなる場所に日陰をつくるタープは、夏の時期は必須といってもいいアイテムですよね。そんなタープですが、価格はピンきりで、1万円以下のものから、5万円を超えるものまで、様々です。

タープの価格が、2〜3万を超えてくると、「エントリータイプのファミリー用テントより高いよね!」ということもあり、ちょっと割高感を感じませんか?

そこで、今回は、2万円以下で買える、コスパ良しのタープをご紹介していきます!

私は、ファミリーキャンプをはじめて現在2年目。

 

タープは、テントと同じタイミングで購入しました!

 

タープもいろいろな種類があって、迷いましたが、ネットや実店鋪でいろいろ調査しましたので、「コスパがいいと思った1枚布タイプ」のタープをご紹介しますね。

1枚布タイプのタープは、こんな感じのやつです。
スポンサーリンク

【コスパ良し】2万円以下のタープおすすめ5選!

タープの種類としては、主に以下3つがあります。

  • ヘキサタープ (六角形)
  • レクタタープ (四角形)
  • スクリーンタープ

今回は、持ち運びが容易な1枚布で構成されいる、「ヘキサタープ」、「レクタタープ」のコスパが良いものをご紹介していきます!

それでは、さっそく詳細です。

【ヘキサとレクタの一般的な特徴がこちら】

ヘキサタープレクタタープ
風に強い
タープ下の面積が広い

【コールマン】XPヘキサタープ / MDX

コスパが良いタープとして、一番のおすすめは、コールマンの定番商品、「XPヘキサタープ / MDX」。

おすすめの理由としては、初心者でも設営が簡単なことですね。メインのポールが、X形状のクロスポールとなっており、クロスポールとシングルロープのみでタープを自立させることが可能です。

出典:コールマン

また、クロスポールの幅をかえることで、タープの高さが簡単に調整可能なので、タープをたてるのが苦手な方でもタープ形状をアレンジしやすいポイント。

サイズは、MDX(Mサイズのデラックス)とSサイズの2種、色は、グリーン/バーガンディー/インディゴレーベルが展開されています。

追加のポールを2本買い足して、計4本とすると、タープで形成できる形状の自由度がさらに増します。

X形状になるポール2本付き(実質、ポール4本分に相当する素材)で、2万円以下で購入できるため、コスパがいいですね!

【仕様】

  • タープ名:XPヘキサタープ / MDX
  • 使用サイズ:460×435×230(h)cm
  • 収納サイズ:約ø18×74cm
  • 重さ:7.6kg(ポール2本込み)
  • 材質:タープ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール) ポール/スチール約ø19mm×2 
  • 付属品:サイドポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ
  • 販売価格:18,800円(色:バーガンディ)

私は、XPヘキサタープ /Sを購入しており、追加のポールを2本買い足しました。

 

2本ポールを追加することで、開放感をUPさせるタープ形状にアレンジ可能なので、安いスチール製のポールでも良いので買い足しがおすすめですよ。

2万円以下のタープとしてご紹介していますが、近年(2020年11月時点)価格があがっており、2万円オーバーに。。

 

XPヘキサタープのSタイプであれば2万円以下で購入可能ですよ。

【フィールドア】ヘキサタープL

出典:楽天

ポップアップテントをはじめ、コスパの良いキャンプグッズを多数展開しているフィールドアのヘキサタープL

おすすめ理由としては、その圧倒的なコスパ。ポールはついていませんが、530✕570cmの大型タープで、1万円以下の価格は、めちゃくちゃコスパがいいと思います。タープの目安人数として6〜8人でも使用可能なサイズ!さらに、1年保証つきで購入可能なため、安くても安心ですね。

タープの色は4色(ライトグレー/ボルドー/ダークブラウン/カーキ)から選択可能なため、テントに合わせて色のアレンジが可能です。

  • タープ名:ヘキサタープL
  • 使用サイズ:530×570cm
  • 収納サイズ:75cm×15cm×15cm
  • 重さ:2.8kg
  • 材質:ポリエステル
  • 付属品:ペグ、ロープ、キャリーバッグ
  • 販売価格:8,800円

楽天からだと、「スチール製の2本のポールセット」を追加して、タープの価格+1540円で購入可能約1万円で大型タープセットが揃えられますね。

スチールより軽量な、アルミポール2本セットにすると、タープの価格+7,480円でした。スチール製ポールより、だいぶ高いですが、重量は約1/3くらいになります。お金に余裕があれば、アルミ製のポールの選択もありですね。

【キャプテンスタッグ】サンシェード プレーナヘキサ タープセット

出典:Amazon

キャプテンスタッグから発売されている、サンシェード プレーナヘキサ タープセット

セット」とあえて強調しましたが、ポール✕2本を含むタープ設営に必要な付属品がすべて含まれています。付属品を含んだうえで、価格が6千円代で購入できるので激安タープなんですよ。

サイズとしては、コールマンの定番商品である「XPヘキサタープ / MDX」より若干小さいですが、ほぼ同サイズです。

  • タープ名:タープ サンシェード プレーナヘキサ タープ
  • 使用サイズ:400×420cm
  • 収納サイズ:縦75cm×横15㎝程
  • 重さ:3.0kg
  • 材質:タープ/ポリエステル, ポール/スチール
  • 付属品:ポール2本、ペグ、ハンマー、ロープ、収納ケース
  • 実勢価格:6,380円

タープの色は、こちらの1色のみです。

とにかく、安くタープ一式を揃えたいって方にはお手頃価格ですね。

【ビジョンピークス】 ファイアプレイスTCレクタタープ 

出典:Amazon

アウトドアショップ「ヒマラヤ」のプライベートブランドである「ビジョンピークス」から販売されているファイアプレイスTCレクタタープ 

ここまでご紹介してきた、タープと素材が異なり、「ポリコットン製」のタープです。「ポリコットン」は、「ポリエステル」と「コットン」を混ぜた素材。つまり、両者の性質のいいとこどりをしています。

ポリエステルの良い部分である、丈夫・シワになりにくい・乾きやすいという部分と、コットンの良い部分である風合い・通気性・吸湿性の両方を兼ね備えています。

さらに、コットンには、ポリエステルと比べると「火に強い」という特徴があるんですよ。

ポリコットン素材のことを「T/C」や「TC」と表記します。

テトロン / コットンの頭文字なんですって。テトロンは「ポリエステル」の商標です。

TCといえば、ソロテントにぴったりなテンマクデザインの「パンダTC」が有名ですね。

コットン素材のため、火の粉に強い、つまりタープの下でBBQや焚き火をするなんてことが出来てしまうのが魅力です。

一方、一般的にポリコットン素材のほうが、ポリエステル素材のタープよりお値段高めなんですね。

【仕様】

  • タープ名:ファイアプレイスTCレクタタープ
  • 使用サイズ:約430×460cm
  • 収納サイズ:直径35×80cm
  • 重さ:5.4kg
  • 材質:ポリコットン(ポリエステル 65%、綿 35%)
  • 付属品:ペグ、ロープ、収納ケース
  • 販売価格:18,900円

ポールは別売りです。ここが最も注意すべきポイント。スタイルにもよりますが、最低2本、汎用的に使うなら4本はポールの買い足しが必要ですのです。そのための費用がかかってしまう点はご注意ください。

すいません。2万円以下のタープをチョイスしていましたが、正確には、タープ用のポールを含むと、こちらは2万円を超えてきます。

 

とはいえ、「ポリコットン」製のタープは、タープの下で火が扱えるため、雨の日でも役立つのが魅力的ですね〜。

【ドッペルギャンガー(DOD)】チーズタープ S

出典:DOD チーズタープS

「カマボコテント」の製品でキャンプ業界でも話題の、「DOD」から発売されているチーズタープ

「カマボコ」と「チーズ」で、テントとタープをあわせて「チーカマスタイル」と話題にもなっていましたね(笑)

チーズタープは16か所のポールが挿入できる穴が空いた正方形の形状により、いろいろなタープ形状にアレンジが可能で人気のあるタープ。

持ち運ぶ重量が重くなるものの、厚みのあるポリコットン生地を採用しているため、タープの下で焚き火をして、火の粉があたっても穴が空きにくいです。また、夏場の日中でも快適に過ごせる濃い影を作り出せます。

旧タイプのチーズタープは販売が終わり、現在はリニューアルモデルとして、SとMの2種類のサイズ、「タン」と「カーキ」と2色で販売されています。(人気のため、2020年8月時点では、品切れ状態。。)

ポールは別売りです。ポールの購入費用がかかててしまう点はご注意ください。

【仕様】

  • タープ名:チーズタープ S
  • 使用サイズ:約355×355cm
  • 収納サイズ:約60×13×13cm
  • 重さ:約3.6kg(付属品含む)
  • 材質:ポリコットン(ポリエステル 65%、綿 35%)
  • 販売価格:13,200円

DODのキャンプ用品は、遊びゴコロと機能性を合わせてたものが多くて魅力的ですね。

 

キャンプ用品の名前として、「カマボコテント」、「ヨクミルヤーツ(頑丈収納BOX)」、「キガエルヤーツ(着替えの収納袋)」と、グッズの名前に遊びゴコロ満載!

チーズタープS(タン) TT4-738-TN - DOD(ディーオーディー):キャンプ用品ブランド
張り方自由自在のポリコットンタープ。

まとめ

コスパ良しの、2万円以下のタープをご紹介してきました。気になるものはありましたでしょうか?

コスパが良いタープを選ぶことで、初期費用をかけずに、キャンプの趣味をスタートさせることが可能ですよね!熱い日差しの中でも快適なキャンプライフをすごせますよ。

また、昨今のキャンプブームもあり、年々オシャレで機能性のあるタープが登場してきています。個人的には、これからも、さらに機能性や設営がラクなタープが開発されてほしいな〜と願っています。

現状でも、タープの設営には、そこそこ時間を要するため、ワンタッチで設営完了できて、なおかつオシャレなタープが開発されないかな〜と、淡い期待を抱いています(笑)

以上、コスパが良いおすすめタープのご紹介でした!

▼コスパの良いキャンプ道具はこちらもどうぞ▼