【厚み5cm コスパ最強】ハイランダーインフレーターマットをレビュー!

ハイランダーインフレータブルマット厚み5cm

こんにちは!camp-n13です。

ハイランダーのインフレーターマットがコスパがいいって聞くけど、実際の使い勝手や、メリット・デメリットが知りたいな。

という疑問に答える記事です。

キャンプで快適な睡眠を実現するために必要なマット。

その中でも、キャップを開くだけで自動膨張して膨らむインフレーターマットは、設置がラクなことから人気ですよね。

そんな、インフレーターマットのうち、コスパ抜群なハイランダーのインフレーターマット(5cm厚)を購入しましたので、使ってみた結果をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ハイランダースエードインフレータマット厚み5cmのレビュー!

キャンプ用途で使うマットとして、コスパが最も良いのが「Hilander(ハイランダー) スエードインフレーターマット」です。

前提として、マットの厚みが5cmのインフレーターマットの中でということですので、ご了承を。

ハイランダーは、ナチュラムのオリジナルアウトドアブランド。

コスパに優れたアイテムが多いです。ハイランダーのウッドロールテーブルもサイズに対してコスパが良いですよ!

マットの厚みが5cm以上あると、地面の凹凸を感じることがないと言われています。

そのため、キャンプ用のマットとしては寝心地を重視し、「厚み5cm以上」のマットが個人的にはいいかなと。

私は、腰痛もちで、合わないベッドで寝るとすぐに腰が痛くなるんですよね(泣)そういうタイプの方いませんか?

腰痛もちにとって、寝心地につながるマットの厚みや硬さは死活問題です。その点、ハイランダーのインフレーターマット5cm厚は、私にとって寝心地がとても良かったです。

それでは、さっそくメリット・デメリットをご紹介!

ハイランダー スエードインフレーターマットのデメリット

まずは、最初にデメリットのから。

  • マットと一体になっている枕の寝心地が悪い
  • マットの色のバリエーションがない

マットと一体になっている、まくらの寝心地が悪い

ハイランダーの「スエードインフレーターマット」は、マットとまくらが一体

一体型の枕の空気をパンパンにふくらませると、頭の位置がまくらの上で安定しにくいです。そのため、慣れるまで少し違和感を感じてしまいます。

「通常のまくら」のようなクッション性がありつつ、頭が包み込まれるような感覚ではないんですよね。「空気の反発で頭が持ち上げられれている」ような体感です。

これは、商品の口コミには必ずでてくるので、みなさん気にしている点なんだなだと思います。「まくらが合う、合わない」は体感しないとなかなか分からないですよね。

私がハイランダーのマットを使ってみた体感としては、まくらの空気の量を調整したり、タオルひくことでこの点は気にならなくなりました。

空気をパンパンに入れて、まくらが風船のように張った状態では、頭を載せた感じが妙に落ち着かなかったです。

そのため、少しまくらの空気を抜いて、「ペコペコ状態」にしてから、その上にタオルをひくことで、頭の位置をまくら上で安定させて使用しています。

まくら部分は自動で膨らまないため、口で空気を入れてふくらませる必要があります。

ここもインフレータブル(自動膨張)だとうれしいんですけどね。

マットの色のバリエーションがない

ハイランダーの「スエードインフレーターマット」は、茶色一色です。

その他の色のラインナップはありません。

最近、黒色のラインナップもでたようです。ただし、マットの厚みは4cm。

色のラインナップがないのは、コールマンのマットをはじめ、どこのメーカーのマットも同じではあるんです。

ただ、もうちょっとテントの中に置いて映える色がいいな、という方が多そうです。

私もそう思っているんですが、「ブラウン」はちょっと”地味”なんですよね(笑)

お値段はしますが、ロゴスのこんな明るめの色とか、ちょっとあこがれ。

ハイランダー スエードインフレーターマットのメリット

次に、ハイランダー スエードインフレーターマットのメリットです

  • 設置がラク
  • コスパが良い
  • 肌触りが良い

設置がラク

インフレーターマットは、どのメーカーのものも共通ではありますが、設置が非常にラクです。

インフレーターマットを袋から出して広げて、空気キャップを開くだけでマットが自動膨張して膨らみ、設置が完了します。

空気キャップ

袋から出して広げた状態がこちら。

「ボディ部分」が自動膨張します。

まくらは、手動で空気を入れた状態です。

写真でわかりますかね。空気を入れた後にシワが伸びている感じが。

上記のようにとにかく設置がめちゃくちゃラクなんです。

キャップを開くと「シュー」という空気を取り込む音がして、1〜2分でおおよそ8割程度は膨らんだ状態となり設置完了です。

インフレータブルマットとは、エアーの注入とウレタンなどのクッション素材を組み合わせたハイブリッド的なマットです。

空気注入用のバルブを開けると自動で膨らむのでエアマットより扱いやすく、収納時は発砲マットよりもコンパクトになるのが特徴。断熱性もあり、寝心地の良さも実現できるんですね。

インフレーターマットは、5〜10分で自動で膨らむ厚さの限界に達し、それ以上は時間をかけても、空気がパンパンに膨らむわけではありません。

マット内を100%空気で満たしてパンパンの状態にするためには、口で空気を追加する必要があるんですね。

マットの空気孔

また、前述しましたが、まくらは別途、口で膨らませる必要があります

枕の裏側の空気孔

「キャンプ用のまくら」もインフレーター式のものがあり、コールマンの商品は、2,000円程度で売られていたりしますが、マットの値段と比べると、「まくらにこの値段はなぁ〜」と少し躊躇する価格。若干、コスパ悪めですね。

キャプテンスタッグの「インフレータブルまくら」は、1,000円程度で「インフレータブル」のまくらの中では安めですね。

コスパが良い

ハイランダーのスエードインフレーターマット5cmは、1つ4000円程。

この値段は、5cm厚のインフレータマットの中では最もコスパがいいんですよ。

家族分を購入すると、結構な値段になるので、1つの値段が安いのは助かるんですよね!

また、ハイランダーのマットは、複数個をボタンで簡単に連結させることもできるため、大きなマットとしても使用可能。

連結用ボタン

2つをピタッと並べたいときに、意外と便利だったりします。

参考に、私が迷ったコールマンの厚み5cmのインフレーターマット「キャンパーインフレーターマット シングルIII」は、お値段5000円程でした。

ハイランダーのマットより高いですが、安心のコールマンブランドですので、色が好みな方はこちらもありかも。

デザイン押しの方は、DODのソトネノサソイもおすすめ。ただしお値段1万円超えです。

肌触りが良い

スウェード生地のため、肌触りがいいです。

肌に触れる部分はスウェード生地ですが、裏面は滑り止めの凹凸がついているため、テントの中でマットがズレない点も良い点です。

実際に、テント内で使用していますが、ズレてしまうことは「ほぼない」ため優秀です。

まとめ

キャンプで、寝心地に重点を置くなら、インフレータブルマットは必須かなと、個人的には思っています。

キャンプといえど、寝心地重視である私の価値観もあるかもですが。寝心地が大事な方は、インフレータブルマットはおすすめできます!

最後に、繰り返しになりますが、ハイランダーのインフレータブル5cmのメリット・デメリットのまとめです。

デメリット
  • マットと一体型の枕の寝心地が悪い
  • マットの色のバリエーションがない
メリット
  • 設置がラク
  • コスパが良い
  • 肌触りが良い

私は、キャンプを始めたばかりのころは、テントや寝袋など、キャンプの必須道具を揃えるのに精一杯で、 インフレータブルマットはかなり後回しにしていました。

おそらく、キャンプを初めて半年以上たってからの購入です。

インフレーターマットを購入してからは、眠りの質が向上したのが実感できていますね!

朝目覚めて、「腰が痛い。。」なんてことがなくなりました。これなら、早めに購入しとけばよかったなと。

特に、普段から朝起きた後に体の痛みを感じる方は、厚みのあるキャンプ用マットがおすすめすよ!

以上、ハイランダーインフレータブルマットのレビューのご紹介でした。

▼その他、コスパの良いハイランダー製品をまとめています▼

▼マットを運ぶのにアウトドアワゴンもあると便利です▼