【フィールドア】格安ポップアップテントを使ってみた!【風には弱いです】

こんにちは!camp-n13です。

フィールドア(FIELDOOR)のポップアップテントって価格は安いけど、使い勝手はどうなんだろう?

 

フィールドアポップアップテントの、メリット・デメリットを知りたいな。

という方むけの内容です。

設営の簡単なポップアップテントは、「公園」や「プールサイド」や「運動会」で手軽に日差しを防ぐのに役立つテントですよね。

そんなポップアップテントの中で、2018年の楽天スポーツ・アウトドア部門において1位となっていたフィールドアというメーカーのテント。

今回、そんなフィールドアのセットアップテントを、3年ほど使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめました!

フィールドアのポップアップテントを調べている方の参考になれば幸いです!

それでは、さっそく本題です。

スポンサーリンク

フィールドアポップアップテントのメリット・デメリットは?

フィールドアポップアップテントのメリット・デメリットのまとめがこちら!

メリット
  • ボップアップテントの中で価格が安い
  • 設営・片付けが短時間でできる
  • カラーラインナップが多くて人と被りにくい
デメリット
  • 畳むときにコツがいる
  • 風にとても弱い

それでは、詳細を書いていきますね。

フィールドアポップアップテントのメリット

ボップアップテントの中で価格が安い

200✕180cmサイズのポップアップテントの中では、ほぼ最安です。

楽天で4,400円で売られていますね。(2020年5月30日時点)

本格的なファミリー用テントを買おうとすると3万円コースのため、4000円ちょっとは手が出しやすい価格かなと思います。

2018年頃は3,000円程度で売られていたんですが、昨今のキャンプブームのためか、若干値上がりしてきています。

サイズが【140✕120cm】と小さいポップアップテントは、3000円ちょっとで購入可能ですよ。

設営・片付けが短時間でできる

出典:フィールドア

ポップアップテントは、開いたら自動でテント形状になるため、設営時間は数秒!

ほんとここはめちゃくちゃラクです。

ポップアップテントの収納については、後述する収納方法にクセがあるものの、慣れれば短時間で収納できますよ!

カラーラインナップが多くて、人と被りにくい

出典:楽天

カラーラインナップが豊富です。10カラーのラインナップ。

形状は同じですが、人気色を外せば他人と被らない選択が可能なのはうれしいところですね!

ちなみに、公園などで見渡してみると、ターコイズ(水色)のカラーが多い印象です。

フィールドアポップアップテントのデメリット

畳むときにコツがいる

出典:楽天

収納は慣れるまで少し苦戦します。

フィールドアのポップアップテントに限らず、この手のテントはすべて収納方法が同じなんですが、初めての方には慣れるまで難しい印象。

私は、初めて収納した時、付属の説明書を見ながらやったにも関わらず、30分くらい悪戦苦闘してしまいました(泣)

収納方法は、下記の動画が分かりやすいです。やっぱり、説明書より動画ですね!

FIELDOOR(フィールドア) フルクローズサンシェードテントの畳み方

動画の1分10秒くらいにでてくる、失敗例が非常に分かりやすいんです。

まさに、私がつまずいた部分がコレ!!

2つ折りにしたテントの頂点部を反対側の底辺部分に重ねて折りたたもうとしてしまいがち(下の写真の位置です)なんですが、コレが失敗の元。

言葉では、「何いってんの??」という感じになってしまいますので、ぜひテント収納に不安を感じている方は、上記動画を失敗例も含めて参考にしてみてください。

テント収納のポイントは、テントを2つ折りにした後に、頂点部分をテント中央付近で折ること。中央部で折ることで、テントのフレームがしなって、自動的に収納サイズの丸形状に変形していきますよ。

慣れてしまえば1分もあれば、収納可能です!

風にとても弱い

フィールドアのポップアップテントは、風を受けると、簡単に飛ばされます。

風のある日は「付属のペグ」または、「重し」によるテントの固定は必須です。(トンカチは付属していないため、ご注意くださいね!)

出典:楽天

ペグダウンをしていても、風の強い日はテントがめちゃくちゃ変形してしまうため、テント内では落ち着いて過ごせないと思います。

ここは、結構デメリットと感じる部分ですね。

まとめ

フィールドアのポップアップテントについて、メリット・デメリットをまとめました。

正直、風が強い日は使い物にならないかもしれません。

天候が良い日であれば、設営・片付けとも簡単で、テント自身も軽く、使い勝手のいいテントだと思います。

どんな天候でも対応できるのは、やはり下記のような風に強いクロスフレーム構造のテントでしょうか。

クロスフレーム構造のテントは、設営・片付けがフィールドアのようなポップアップテントに比べて手間がかかるため、どちらも一長一短ですけどね〜。

今回の内容が、セットアップテント選びに少しでも参考になれば幸いです。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

▼ポップアップテントはおうちキャンプにも活躍します▼