Amazonで買ったキャンプ用品の返品理由と返品手順【2つ返品しました】

こんにちは!camp-n13です。

Amazonでキャンプ用品を買ったけど「商品に不具合があった!」。返品したいんだけど、どういった手順でできるのかな?

 

他の人は、キャンプ用品の不具合ってどんな内容の時に返品しているんだろう?

という疑問に答える記事です。

Amazonでキャンプ用品を買ったことのある方は、一度は「コレ、不良品じゃない?返品しようかな?」と思ったことはありませんか?

私は、過去3度ほど届いた商品を見て、「不良品だよなぁ。。」と思って2つの商品を返品しました。

同じように考える方の参考になればと思い、「なぜ商品を返品したか」と「返品手順」についてまとめてみました!

スポンサーリンク

Amazonで買ったキャンプ用品の返品理由と返品手順

「返品した商品の返品理由」と「返品手順」について以下に書いていきますね。

Amazonで買ったキャンプ用品の返品理由

2つの商品を返品しました。商品と返品理由は以下です。

  1. ハンマー(理由:鉄と木の溶接部が汚い、持ち手がベタベタ)
  2. アウトドアチェア(理由:座面のメッシュネットに、いまにも破れそうなほつれがある)

ちなみに、商品に対し気にはなったけど、返品までには至らなかったものは下記です。

  1. アウトドアワゴン(理由:ワゴンの生地に黒い汚れが多数あったが拭けばとれたため)

以下詳細です。

ハンマーの返品理由

Amazonで購入したペグハンマーが、木とスチール(黒電着塗装)の溶接部が汚く、持ち手がベタベタしていたため、返品しました。

ペグハンマーは、見た目はメジャーブランドである「スノーピーク」のハンマーにそっくりな、中華製と思われるメーカーのものです。

ちょうどアマゾンのタイムセールのタイミングで、上記商品が安くなっていたので購入!しかし、届いた商品を見てビックリです。

まず、ハンマーは収納袋に入れられていたんですが、収納袋から取り出すときに袋とハンマーの柄の部分がくっついていてとれず。

「あれ、とれないぞ?」と思い切りよく引っ張ったところ、「ベリベリベリ」っと音がして、なんとかハンマーを取り出すことができたんですが、持ち手の木の部分が施した塗装のせいなのか「ベタベタ」です。

さらに、下の写真の部分の溶接が甘く、素人がDIYでつけたかのような雑な接合でした。

出典:Amazon

これはひどいなというレベルだったため返品しました!

後日、Amazonで口コミ数が多かった違うメーカー(こちらも、おそらく中華製)から同形状のハンマーを購入。

こちらは、持ち手の部分が多少ベタついていたものの、木とスチール(黒電着塗装)の接合はキレイな仕上がりで良い商品でした。

アウトドアチェアの返品理由


折りたたみ式のアウトドアチェアの返品理由は、「座面のメッシュ部分のほつれ」のためです。

アウトドアチェアのどの部分かと言うと、以下の写真の部分です。

拡大すると、下の写真のメッシュとメッシュではない部分の境目。

上記写真は正常なものですが、ほつれがあった物はメッシュの穴部分が広がっていて、「数回イスを使用するうちに破れそうだな」と気になってしまうレベルでした。

こちらの製品も、上述した「ハンマー」と同じく、Amazonのタイムセールの安売り時期に購入しましたもの。

そのため、正直、座面が破れているわけではないし、許容しようか迷いましたが、私の中で気になってしまうモヤモヤが拭えなかったため返品しました。

後日、まったく同じメーカーから同じアウトドアチェアをリピート購入。

2回目の購入品は、座面に気になるほつれはなく、きちんとした商品でした。Amazonの商品、特に中華製企業の商品は当たり外れがある商品が多いなという印象です。

今回購入した「ハンマー」と「アウトドアチェア」はどちらもAmazonのタイムセールで購入したため、タイムセール(≒在庫処分?)のタイミングは品質のバラツキが大きい傾向があるのかもしれません。

とはいえ、販売するメーカーは一企業として、出荷検査はキチンとしてもらいたいものですね。

同類の「ハイバックタイプのチェア」もAmazonで購入しています。レビューはこちら↓

Amazonで買ったキャンプ用品の返品手順

Amazonで購入した商品の返品手順は簡単です。

詳細な返品手順は、下記のサイトに画像付きでまとめられています。私もこのサイトを参考にさせてもらい、キャンプ用品を返品しましたよ。

Amazonに返品する方法 - 必要な手続き全解説
Amazonで購入した商品の返品方法を紹介します。Amazonでは、実際の商品を見ないまま購入するため、Amazonの箱が到着したあとワクワクしながら開いてみると、商品が壊れていることや、実際に使用したあとで商品の不具合に気づくことがありえます。

上記サイトで十分ですが、以下に私が返品した時の手順を参考に書いておきますね。

はじめに、自分のAmazonの購入履歴から、対象の商品を探して選択します。

返品期限内であれば、下記のように「商品返品」の項目が出現。

返品期限を過ぎた商品には、「商品の返品」アイコンはでてきませんのでご注意ください。

上記で「商品の返品」を押した後、下の写真のように「返品の理由」を選択する画面がでてきます。私がキャンプ用品を返却したときは、「性能や品質が良くない」を選択しました。

その後は、画面の手順に従って返品手続きを進めていけばいいため、そんなに迷うところはないです。

面倒くさいところは、返品用の宛名をプリンターで印刷することくらいですね!

商品を返送して3日後くらいにAmazonからメールが到着。内容は、返金処理が完了したとの内容でした。

「もっと詳しく不具合理由など尋ねられたら面倒だな」とビクビクしてメールを見たんですが、「今回はすいません、さっそく返金しときましたよ」というあっさりした内容でホッとしました。

まとめ

Amazonで買ったキャンプ用品2つの返品理由について書いてきました。

繰り返しになりますが、返品した商品と理由はこちらです。

  1. ハンマー(理由:鉄と木の溶接部が汚い、持ち手がベタベタ)
  2. アウトドアチェア(理由:座面のメッシュネットに、いまにも破れそうなほつれがある)

Amazonで購入した商品については、「コレって返品するような不具合のレベルなのかな」と悩む場合もあるかもしれません。

でも、もしあなたが気になるようでしたら「返品」するのがおすすめ。

モヤモヤしたまま道具を使っても、「残念」というか「失敗したなぁ」という気持ちが残ってしまうため、気になるなら返品しましょう!

Amazonは「顧客第一主義」と謳うだけあって、返品理由を深く追求されることもなく、レスポンスよく応じてもらえますよ。

もちろん、悪意のある返品はNGですので、モラルをもって返品しましょう!

後悔のないキャンプ用品の購入に少しでも役立てば幸いです。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

今回は、返品しなかったアウトドアワゴンのレビューについてはこちら↓