ほったらかし温泉で朝ごはんを食べよう!【キャンプ場の朝ごはんとしてもオススメ】

hottarakashi-hotspring-breakfast

こんにちは!camp-n13です。

ほったらかし温泉には、朝はやくから営業している朝食屋さん気まぐれ屋」があります。

これが、キャンプのときの「朝ごはん」に利用できて非常にありがたいんですよ〜。というお話です。

ほったらかし温泉のお隣にある、「ほったらかしキャンプ場」に泊まった際は、ほったらかし温泉で朝ごはんをぜひ食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

ほったらかし温泉で朝ごはん

ほったらかし温泉の敷地内に、朝ごはんが食べれるお店、「気まぐれ屋」があります。

気まぐれ屋の場所

ちょうど、ほったらかし温泉「あっちの湯」へと降りる階段の手前に位置しています。

「あっちの湯」へと降りる階段の手前に看板があるので、迷うことはないですよ。

hottarakashi-hotspring-breakfast

朝食料金 TKGセット

TKG(たまごかけごはん)セットが、600円です。

以前は500円で提供されていましたが、若干値上がりしています。

TKGセットは、これぞ日本の「朝ごはん」というラインナップ(卵、味噌汁、納豆、つけもの)です。

卵を割ると、、見てください、この卵の色。

おいしそうで栄養価の高そうな濃いオレンジ色をしているんですよ(笑)

「濃いオレンジの黄身」が、栄養価が高いわけではないらしいです。本来の卵黄身の色は薄いレモン色ですが、黄身が濃いほうが人間の色彩感覚によるものなのか、美味しそうに見えるんですね。

気まぐれ屋の営業時間

ほったらかし温泉の営業時間に合わせて、かなり朝はやくから営業されています。

8月は、5時30分〜営業スタートだそう。年中無休営業です。

ちなみに、ほったらかし温泉のほうの営業開始時間は、「日の出」から

ほったらかし温泉の営業時間:日の出1時間前~22時
(最終受付21時半)

「気まぐれ屋」は、「気まぐれ」だけに、メニューを追加したり「営業時間の変更」もあるかもしれないので、最新情報は、公式Twitterで確認してみてみてくださいね。

気まぐれ屋は、かき氷をはじめられたそうで、夏場は土日限定で10:00〜やっていますよ。

私は、ほったらかしキャンプ場から朝食目的で「気まぐれ屋」に行きました。

お店が開いているかわからなかったため、お店がやっていなければ、最悪、山を下ったセブンイレブンに朝食を買いに行く予定でしたので、営業していて「ホッと」しました(笑)

ほったらかしキャンプ場からは、徒歩5分ほどで気まぐれ屋へ行けます。

ほったらかし温泉の、砂利道の駐車場が結構広くて、そこを横切っていくため、サンダルで行くと足が痛くなるかもしれません。

靴で行くのをオススメします。または近くても、車でアクセスしてしまえば楽チンです。

朝食を食べるところ

出典:みんカラ

テラス席があり、甲府盆地の景色を眺めながら朝食をいただけます。

外なので夏場は暑いです。日差しを避けたい場合は、日陰の席もあります。

テーブルには醤油のみ置いてあります。納豆を食べた後は、口をふきたくなるので、濡れティッシュを持っておくといいですね。

8月の8時ごろ、「気まぐれ屋」へ朝食を食べにいきました。ひなたの席は暑そうでしたが、日陰の席は、涼しい風がふいて心地よかったです。

アクセス

甲府市内からでも30分ほどでアクセス可能です。

  • 中央自動車道 :勝沼I.C又は一宮・御坂I.Cから約25分。
  • 甲府市から国道20号線利用 :約30分

車をもっていないくても、Taxiでアクセス可能です。Taxi乗り場もあります。

朝日を見るために早朝のほったらかし温泉へ入浴し、その後に気まぐれ屋で朝食をとるものいいですね!

●ほったらかし温泉の料金はこちら

大人  800円
小人(0歳~小学6年生)400円

まとめ

ほったらかし温泉の営業開始とほぼ同じ時間帯から営業している気まぐれ屋

朝はやくから営業しているお店が少ないため、早朝からの営業はありがたいですよね。

日の出を目的に「ほったらかし温泉」へ行かれる方も、「ほったらかしキャンプ場」へ宿泊されている方も、ぜひ一度おためしあれ!

以上、ほったらかし温泉で早朝から朝ごはんが食べられる朝食屋さん「気まぐれ屋」でした。

▼お隣のキャンプ場のレビューはこちら▼