神奈川からアクセスの良い日帰りファミリーキャンプ場(デイキャンプ場)3選!

こんにちは!camp-n13です。

今回は、夜中の気温が低くて夜が寒いシーズンに、お泊りせずに気軽にキャンプができるデイキャンプ場を3つご紹介したいと思います。

2020年も3月になり、気温が20℃になるような温かい日が続いて、宿泊するキャンプをしたい熱にかられています。

しかし、我が家は冬用の0℃以下まで耐えられる寝袋(シュラフ)を家族分持っていないため、3月は夜の寒さに不安があります。

そのため、宿泊キャンプは4月からかな〜と計画しています。

ですが、そろそろキャンプへ行きたいなと思い、日帰りでキャンプが可能なキャンプ場を調べてみました。

調べてみると、意外と穴場のキャンプ場や、市がやっている格安のキャンプ場が見つかって新たな発見がありました。

それでは私が行こうと調べていた中で、ここはぜひいきたいな!とピックアップしたキャンプ場を3つご紹介していきたいと思います。

ピックアップする基準は3つです。

  • アクセスが良い(日中の遊ぶ時間を確保するため、基本は家から1時間半以内でつく場所)
  • 子供の遊び場が近くにある
  • 自然を感じられるまたは景色が良い場所

それでは、詳細を書いていこうと思います。

これまでに買ってよかった便利なキャンプ用品をまとめています!合わせてチェックしてみてくださいね!



目次

神奈川からアクセスの良い日帰りファミリーキャンプ場(デイキャンプ場)3選!

神奈川から日帰りでデイキャンプが可能なおすすめのキャンプ場3選がこちら

  1. 横浜 野鳥公園バーベキュー場・キャンプ場
  2. 城南島海浜公園キャンプ場
  3. 泉の森ふれあいキャンプ場

①横浜 野鳥公園バーベキュー場・キャンプ場

https://yokohamagrill.com/nozima/park/

1つ目のキャンプ場は、横浜市金沢区にある野鳥公園バーベキュー場・キャンプ場です。

こちらは横浜駅から車で25分程でいけるアクセスの良さです。

横浜駅からの時間を示したのは、単に神奈川を代表する駅ですので、そこを出発地点としています。横浜駅から車でかかる時間をGoogleマップの情報を参考に時間を記載しています。

野鳥公園バーベキュー場・キャンプ場は、電車のアクセスも良く、金沢シーサイドラインの「野島公園」駅から徒歩15分です。

こちらは、新規ユーザー登録が必要となりますが、オンラインからキャンプ場の空きサイトの確認や予約が可能です。

私が予約したときは、2週間後のデイキャンプは空きがなく予約できませんでしたが、3週間後くらいになってくると土日でも空きが多くて、サクッと予約ができました。

また、キャンセル期限は、前日の24時までOKですので、天候不良や子供の体調不良で急遽いけなくなった場合もキャンセル料の心配は少ないです。

野鳥公園バーベキュー場・キャンプ場は、キャンプサイトは海から少し奥まったところに位置しますが、海や富士山も見えるサイトとのことで、自然を感じられて、景色もいいためGoodです。

出典:野鳥公園バーベキュー場・キャンプ場

1つ難点は料金。過去は下記料金の半額だったようです(泣)

大区画 土日祝5,000円(税込) / 1泊

小区画 土日祝4,000円(税込) / 1泊

デイキャンプでこの料金ですと、1泊したほうがいいかなと悩みどころなところではあります。

 

野鳥公園バーベキュー場・キャンプ場のレビューはこちら↓

あわせて読みたい
野島公園バーベキュー場・キャンプ場 ファミリーにおすすめかをレビュー!デイキャンプもOK 今回は、デイキャンプも可能な横浜市金沢区にある「野島公園バーベキュー場・キャンプ場」をレビューしたいと思います。 【野島公園バーベキュー場・キャンプ場のファミ...

②城南島海浜公園キャンプ場

あわせて読みたい
BBQ&キャンプ | 東京港南部地区海上公園ガイド キャンプ場の予約について 当キャンプ場では、更なる利用者サービス向上を図る為、 令和6年4月利用分の受付開始日(令和6年1月4日)から WEB予約システムを導入し、 予約受付...

2つ目のキャンプ場は、東京都大田区城南島の端に位置する城南島海浜公園内にあるキャンプ場です。

細長くてL字型をした公園内にあるキャンプ場です。

横浜駅から車で30分程で行けるアクセスの良さです。

予約方法は、利用希望日の3ヶ月前の月の1日から電話で受付です。ホームページからのオンライン予約は残念ながらありません。

キャンプ場の予約状況は キャンプ場ホームページの「キャンプ場予約状況ページ」 から空き状況を事前に確認することが可能です。

キャンセル料は無料です!これはうれしい!

また、オートキャンプ場はファミリー限定のため、うるさい若者グループ(失礼(笑))が隣になってしまうリスクもなく安心です。

出典:城南島海浜公園キャンプ場

キャンプ場の料金は1区画2000円(日帰り)

宿泊する場合は4000円ですが、日帰り(デイキャンプ)では半額のため、キャンプ料金も安いです。

利用可能時間も長く、11時〜21時までが日帰りで利用可能な時間となります。

また、公園の周りは海のため、景色は良いです。

難点は、子供が遊ぶ遊具が少ないことと騒音です。

子供が遊ぶ遊具については、ホームページを探してみた限り、スケボー広場というスケボーで遊べる施設はありますが、小さい子供が遊べるような遊具がみあたりませんでした。

ただ、園内は広く芝生もあるため、遊ぶものを家から持参すれば問題ないかなと思います。

出典:城南島海浜公園キャンプ場

騒音は、羽田空港が近いため上空を飛行機が飛び交っており、かなり騒音がするようです。夜も宿泊する場合は耳栓が必要ですね〜

③泉の森ふれあいキャンプ場

3つ目のキャンプ場は、横浜市大和市にある泉の森ふれあいキャンプ場です。

こちらのキャンプ場も横浜駅から30分程で行けるアクセスの良さです。

電車のアクセスも良く、相鉄線「相模大塚」駅より徒歩約15分で行けます。

キャンプ場の料金は、なんと!!

無料です。

スゴイ。。

さらに、周辺には子供が遊べる木製遊具があり、常備炉や水洗トイレ、屋根付きエリアなどありすべて無料です。

出典:泉の森ふれあいキャンプ場

利用時間は、9時~16時(7・8月は18時迄)です。

予約は、こちらのキャンプ場も事前に電話で予約が必要です。または空いていればキャンプ場窓口で予約(先着順)もできるようですが、土・日・祝は混んでいるので事前予約をして!とホームページにも記載がありました。

では、予約はいつからか?

予約開始は、大和市在住・在学・在勤の方は3か月前から、それ以外の方は2か月前からとなっています。

市の公園ですので、市民に優先権があります。一般は2ヶ月前からですので、予約難易度はいかがなものか?は気になるところです。

また、予約チャレンジした際は記事に追記したいと思います。

目次